レーザー脱毛って本当に痛いの?通う前に知っておきたい痛みの強さ


痛みは個々人によって変わりやすい

レーザー脱毛に限らず、現在脱毛サロンやクリニックで使われている脱毛機の多くは人によって痛みが異なります。理由はいくつかありますが、一番大きいのは肌質でしょう。例えば、乾燥肌の人は特に痛みを感じやすいと言われています。乾燥肌の方はバリア機能が低下しているため、その分レーザーによる照射の刺激を受けやすく、痛みが残ってしまうのです。他にも、毛が太いほど痛みは強まるとされています。毛が太い方、特に男性はその傾向が強いため、女性よりも痛みを強く感じることもあるかもしれません。他にも、施術を受ける部位によっても異なります。ワキ脱毛ではあまり痛みを感じなかったけど、VIOラインや腕脱毛ではかなりの痛みを感じた、という方も少なくありません。

痛みに対する配慮がされているか

脱毛クリニックを選ぶ場合は、痛みに対する配慮についても調べてみると良いでしょう。施術中に会話をして紛らわしてくれたり、入念な保湿を行ってくれるなどが挙げられます。せっかく脱毛を受けているのに、痛みに耐えかねて施術を中断するのはもったいない話です。レーザー脱毛は光脱毛に比べて照射力が高く、痛みを感じやすいことは事実ですが、その点を考慮した脱毛クリニックはより利用者のことを考えていると言っても過言ではありません。また、カウンセリングの際にどのくらいの痛みになるのかも聞いておくとよいでしょう。実際に施術を担当する医師から痛みについてアドバイスを貰えれば安心できますし、心構えもできるはずです。

医療レーザー脱毛は、どうしても痛みが発生します。毛根にある毛母細胞を熱でダメージを与える際に、周辺の細胞にも熱が伝わるためです。