持続性は?副作用は?サーマクールの気になるポイント


若返り効果が続く期間をチェック

サーマクールは肌にラジオ波という高周波を当てて、自分の肌のコラーゲン量を増やし、たるみやシワを目立なくする美容医療の1つです。美容医療は半永久的に施術の効果が続くというものではなく、ある一定の期間が過ぎると少しずつ効果が弱まります。サーマクールの場合、どのくらいの期間にわたり若返りの効果が続くのか気になるところです。肌の状態は個人差があるので一概には言えないものの、約半年から1年程度の間、肌のハリ感・弾力性はアップすると言われています。サーマクールで若々しい肌をキープしたいなら、半年から1年に1回程度のスパンで施術を受けると良いでしょう。

美容医療でも副作用はあるの?

サーマクールはメスを使わない美容医療ではありますが、どのような治療も副作用はつきものですので、どのような副作用の症状が起こりうるのかチェックしておくことをおすすめします。サーマクールの副作用として挙げられるのが、肌の赤みや熱感です。ラジオ波の熱によるダメージでコラーゲンを増やす美容医療なので、このような症状が起こる可能性があります。ただ、これらの症状はサーマクールを受けたからといって、必ず起こるものではありません。もし症状が出ても数時間から数日程度で消えて行くので安心しましょう。

施術当日の注意点を確認

サーマクールの施術を受けた日は入浴や運動、飲酒といった身体を温める行為を行うのはNGです。熱によるダメージを肌に与える美容医療なので、血行が良くなる行為を行うと肌の赤みや熱感といった症状が強くでる恐れがあります。少しでも副作用のリスクを抑えるために、このような行為は避けるようにしましょう。

サーマクールは、手術をしないで皮膚のたるみやシワを改善する治療法です。ラジオ波で皮膚表面を熱することなく、皮下のコラーゲン繊維を熱して収縮させて皮膚を引き締めます。切らないので副作用がありません。